日本レコード大賞の輝かしい歴史

レコード大賞イメージ画像

レコード大賞、レコタイ。

まだ、インターネットやダウンロードが馴染みのない時代、レコードの売上がメインとなっていた時代があります。
その頃の歌・楽曲がマジに「歌謡曲」≒「歌・唄」だったと思います。

パフォーマンスという形で大人数で歌うのは「歌手」とは少し違うのかな、と思っているのが中高年になってしまった私です。

秋田秀一

第1回レコード大賞は、1959年(昭和34年)のスタートです。実は、私が生まれ年なのです。

スポンサードリンク

目次

日本レコード大賞の歴史(昭和34年~平成元年)

昭和時代のレコタイ(レコード大賞)

【出典:Wikipedia】

【第1回レコード大賞】
1959年(昭和34年)
【レコード大賞】
黒い花びら(水原弘)

【歌唱賞】
夜霧に消えたチャコ(フランク永井)
【第2回レコード大賞】
1960年(昭和35年)
【レコード大賞】
誰よりも君を愛す(松尾和子&和田弘とマヒナスターズ)

【歌唱賞】
哀愁波止場(美空ひばり)

【新人賞】
潮来笠(橋幸夫)
【第3回レコード大賞】
1961年(昭和36年)
【大賞】
君恋し(フランク永井)

【歌唱賞】
硝子のジョニー(アイ・ジョージ)

【新人賞】
川は流れる(仲宗根美樹)他
【第4回レコード大賞】
1962年(昭和37年)
【大賞】
いつでも夢を(橋幸夫・吉永小百合)

【歌唱賞】
星屑の町(三橋美智也)

【新人賞】
なみだ船(北島三郎)
下町の太陽(倍賞千恵子)

【特別賞】
王将(村田英雄)、アカシアの雨がやむとき(西田佐知子)
【第5回レコード大賞】
1963年(昭和38年)
【大賞】
こんにちは赤ちゃん(梓みちよ)

【歌唱賞】
赤ちゃんは王様だ(フランク永井)

【新人賞】
学園広場、高校三年生(舟木一夫)他
【第6回レコード大賞】
1964年(昭和39年)
【大賞】
愛と死をみつめて(青山和子)

【歌唱賞】
夜明けのうた(岸洋子)

【新人賞】
君だけを、十七才のこの胸に(西郷輝彦)
アンコ椿は恋の花(都はるみ)

【特別賞】
東京五輪音頭(三波春夫)
【第7回レコード大賞】
1965年(昭和40年)
【大賞】
柔(美空ひばり)

【歌唱賞】
ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー(越路吹雪)

【新人賞】
女心の唄(バーブ佐竹)
愛して愛して愛しちゃったのよ(田代美代子&マヒナ・スターズ)

【特別賞】
東海林太郎
【第8回レコード大賞】
1966年(昭和41年)
【大賞】
霧氷(橋幸夫)

【歌唱賞】
絶唱(舟木一夫)

【新人賞】
空に星があるように(荒木一郎)
赤い風船(加藤登紀子)

【特別賞】
君といつまでも(加山雄三)
【第9回レコード大賞】
1967年(昭和42年)
【大賞】
ブルー・シャトー(ジャッキー吉川とブルーコメッツ)

【歌唱賞】
君こそわが命(水原弘)
小指の想い出(伊東ゆかり)

【新人賞】
世界は二人のために(佐良直美)他
【第10回レコード大賞】
1968年(昭和43年)
【大賞】
天使の誘惑(黛ジュン)

【歌唱賞】
誰もいない(菅原洋一)
伊勢佐木町ブルース(青江美奈)
旅路のひとよ(鶴岡雅義と東京ロマンチカ)

【新人賞】
恋の季節(ピンキーとキラーズ)他
【第11回レコード大賞】
1969年(昭和44年)
【大賞】
いいじゃないの幸せならば(佐良直美)

【歌唱賞】
池袋の夜(青江美奈)
人形の家(弘田三枝子)
ひとり寝の子守唄(加藤登紀子)

【大衆賞】
365歩のマーチ(水前寺清子)
禁じられた恋(森山良子)

【新人賞】
風(はしだのりひことシューベルツ)
長崎は今日も雨だった(内山田洋とクールファイブ)
真夜中のギター(千賀かほる)他
【第12回レコード大賞】
1970年(昭和45年)
【大賞】
今日でお別れ(菅原洋一)

【歌唱賞】
噂の女(内山田洋とクールファイブ)
希望(岸洋子)
波止場女のブルース(森進一)
手紙(由紀さおり)

【大衆賞】
命預けます(藤圭子)
ドリフのズンドコ節(ザ・ドリフターズ)

【最優秀新人賞】
もう恋なのか(にしきのあきら)

【新人賞】
経験(辺見マリ)
一度だけなら(野村真樹)
愛のきずな(安部律子)
走れコウタロー(ソルティー・シュガー)
【第13回レコード大賞】
1971年(昭和46年)
【大賞】
また逢う日まで(尾崎紀世彦)

【最優秀歌唱賞】
おふくろさん(森進一)

【最優秀新人賞】
わたしの城下町(小柳ルミ子)

【歌唱賞】
よこはまたそがれ(五木ひろし)
知床旅情(加藤登紀子)
さいはて慕情(渚ゆう子)

【大衆賞】
傷だらけの人生(鶴田浩二)
さらば恋人(堺正章)

【新人賞】
17才(南沙織)
燃える恋人(本郷直樹)
雨の御堂筋(欧陽菲菲)
恋人もいないのに(シモンズ)
【第14回レコード大賞】
1972年(昭和47年)
【大賞】
喝采(ちあきなおみ)

【最優秀歌唱賞】
あの鐘を鳴らすのはあなた(和田アキ子)

【最優秀新人賞】
芽生え(麻丘めぐみ)

【歌唱賞】
瀬戸の花嫁(小柳ルミ子)
夜汽車の女(五木ひろし)
許されない愛(沢田研二)

【大衆賞】
子連れ狼(橋幸夫)
ひとりじゃないの(天地真理)

【新人賞】
太陽がくれた季節(青い三角定規)
男の子女の子(郷ひろみ)
雨(三善英史)
せんせい(森昌子)
【第15回レコード大賞】
1973年(昭和48年)
【大賞】
夜空(五木ひろし)

【最優秀歌唱賞】
恋文(由紀さおり)

【最優秀新人賞】
わたしの青い鳥(桜田淳子)

【歌唱賞】
ちぎれた愛(西城秀樹)
なみだ恋(八代亜紀)
白いギター(チェリッシュ)

【大衆賞】
わたしの彼は左きき(麻丘めぐみ)
ロマンス(ガロ)
危険なふたり(沢田研二)

【新人賞】
赤い風船(浅田美代子)
涙の太陽(安西マリア)
コーヒーショップで(あべ静江)
草原の輝き(アグネス・チャン)

【特別賞】
女のねがい(ぴんから兄弟)
【第16回レコード大賞】
1974年(昭和49年)
【大賞】
襟裳岬(森進一)

【最優秀歌唱賞】
みれん(五木ひろし)

【最優秀新人賞】
逃避行(麻生よう子)

【歌唱賞】
傷だらけのローラ(西城秀樹)
追憶(沢田研二)
積み木の部屋(布施明)
愛の執念(八代亜紀)

【大衆賞】
二人でお酒を(梓みちよ)
なみだの操(殿さまキングス)
うそ(中条きよし)
ひと夏の経験(山口百恵)

【新人賞】
恋はダンダン(浅野ゆう子)
太陽の日曜日(荒川務)
イルカに乗った少年(城みちる)
空港(テレサ・天)
あなたにあげる(西川峰子)
【第17回レコード大賞】
1975年(昭和50年)
【大賞】
シクラメンのかほり(布施明)

【最優秀歌唱賞】
千曲川(五木ひろし)

【最優秀新人賞】
心のこり(細川たかし)

【歌唱賞】
私鉄沿線(野口五郎)
人恋しくて(南沙織)
花車(小柳ルミ子)

【大衆賞】
十七の夏(桜田淳子)

【新人賞】
ロマンス(岩崎宏美)
夜の訪問者(小川順子)
美しい契り(片平なぎさ)
雨だれ(太田裕美)
【第18回レコード大賞】
1976年(昭和51年)
【大賞】
北の宿から(都はるみ)

【最優秀歌唱賞】
もう一度逢いたい(八代亜紀)

【最優秀新人賞】
想い出ぼろぼろ(内藤やす子)

【歌唱賞】
あばよ(研ナオコ)
針葉樹(野口五郎)
若き獅子たち(西城秀樹)

【大衆賞】
あなたがいたから僕がいた(郷ひろみ)

【新人賞】
雪ごもり(芦川よしみ)
嘘でもいいの(角川博)
嫁に来ないか(新沼謙治)
ペッパー警部(ピンクレディー)
【第19回レコード大賞】
1977年(昭和52年)
【大賞】
勝手にしやがれ(沢田研二)

【最優秀歌唱賞】
愛の終着駅(八代亜紀)

【最優秀新人賞】
帰らない(清水健太郎)

【歌唱賞】
秋桜(山口百恵)
思秋期(岩崎宏美)
津軽海峡・冬景色(石川さゆり)

【大衆賞】
ウォンテッド(ピンクレディー)

【新人賞】
あずさ2号(狩人)
アル・パシーノ+アラン・ドロン<あなた(榊原郁恵)
硝子坂(高田みづえ)
Lui-Lui(太川陽介)
【第20回レコード大賞】
1978年(昭和53年)
【大賞】
UFO(ピンクレディー)

【最優秀歌唱賞】
LOVE(抱きしめたい)(沢田研二)

【最優秀新人賞】
かもめが翔んだ日(渡辺真知子)

【金賞】
かもめはかもめ(研ナオコ)
グッド・ラック(野口五郎)
しあわせ芝居(桜田淳子)
シンデレラ・ハネムーン(岩崎宏美)
たそがれマイ・ラブ(大橋純子)
故郷へ…(八代亜紀)
ブルースカイブルー(西城秀樹)
プレイバックPart2(山口百恵)

【新人賞】
失恋記念日(石野真子)
青葉城恋唄(さとう宗幸)
Deep(渋谷哲平)
東京ららばい(中原理恵)
【第21回レコード大賞】
1979年(昭和54年)
【大賞】
魅せられて(ジュディ・オング)

【最優秀歌唱賞】
おもいで酒(小林幸子)

【最優秀新人賞】
私のハートはストップモーション(桑江知子)

【金賞】
おまえとふたり(五木ひろし)
カサブランカ・ダンディ(沢田研二)
関白宣言(さだまさし)
しなかに歌って(山口百恵)
ビューティフル・ネーム(ゴダイゴ)
舟唄(八代亜紀)
万華鏡(岩崎宏美)
勇気があれば(西城秀樹)

【新人賞】
好きだから(井上望)
HOW!ワンダフル(倉田まり子)
SEPTEMBER(竹内まりや)
おんなの出船(松原のぶえ)
【第22回レコード大賞】
1980年(昭和55年)
【大賞】
雨の慕情(八代亜紀)

【最優秀歌唱賞】
大阪しぐれ(都はるみ)

【最優秀新人賞】
ハッとして!Good(田原俊彦)

【金賞】
あれから一年たちました(小林幸子)
銀河伝説(岩崎宏美)
恋人よ(五輪真弓)
サンタマリアの祈り(西城秀樹)
ダンシング・オールナイト(もんた&ブラザーズ)
ふたりの夜明け(五木ひろし)
私はピアノ(高田みづえ)

【新人賞】
あなたの色のマノン(岩崎良美)
ヤング・ボーイ(河合奈保子)
青い珊瑚礁(松田聖子)帰ってこいよ(松村和子)
【第23回レコード大賞】
1981年(昭和56年)
【大賞】
ルビーの指環(寺尾聰)

【最優秀歌唱賞】
すみれ色の涙(岩崎宏美)

【最優秀新人賞】
ギンギラギンにさりげなく(近藤真彦)

【金賞】
あなたひとすじ(川中美幸)
命あたえて(森進一)
悲しみ本線日本海(森昌子)
人生かくれんぼ(五木ひろし)
ス・ト・リ・ッ・パ・ー(沢田研二)
センチメンタルガール(西城秀樹)
街角トワイライト(シャネルズ)
もしもピアノが弾けたなら(西田敏行)

【ゴールデンアイドル賞】
風立ちぬ(松田聖子)
グッドラックLOVE(田原俊彦)
スマイル・フォー・ミー(河合奈保子)
ハロー・グッバイ(柏原よしえ)

【新人賞】
てれてZinZin(竹本孝之)
父さん(祐子と弥生)
函館本線(山川豊)
はみだしチャンピオン(沖田浩之)
【第24回レコード大賞】
1982年(昭和57年)
【大賞】
北酒場(細川たかし)

【最優秀歌唱賞】
シルエット・ロマンス(大橋純子)

【最優秀新人賞】
100%…Soかもね(シブがき隊)

【金賞】
越前岬(川中美幸)
花梨(柏原芳恵)※ 改名
けんかをやめて(河合奈保子)
小麦色のマーメイド(松田聖子)
聖・少女(西城秀樹)
契り(五木ひろし)
夏をあきらめて(研ナオコ)
誘惑スレスレ(田原俊彦)
6番目のユ・ウ・ウ・ツ(沢田研二)

【ゴールデンアイドル賞】
ホレたぜ!乾杯(近藤真彦)

【新人賞】
ゆ・れ・て湘南(石川秀美)
アンサーソングは哀愁(早見優)
待ちぼうけ(堀ちえみ)
センチメンタル・ジャーニー(松本伊代)
【第25回レコード大賞】
1983年(昭和58年)
【大賞】
矢切の渡し(細川たかし)

【最優秀歌唱賞】
越冬つばめ(森昌子)

【最優秀新人賞】
きまぐれONE WAY BOY(THE GOOD-BYE)

【特別金賞】
細雪(五木ひろし)
きめてやる今夜(沢田研二)
浪花恋しぐれ(都はるみ)
冬のリヴィエラ(森進一)
日本海(八代亜紀)

【金賞】
家路(岩崎宏美)
エスカレーション(河合奈保子)
ガラスの林檎(松田聖子)
ギャランドゥ(西城秀樹)
そんなヒロシに騙されて(高田みづえ)
春なのに(柏原芳恵)
ピエロ(田原俊彦)
ミッド・ナイト・ステーション(近藤真彦)
め組のひと(ラッツ&スター)

【ゴールデンアイドル賞】
スターダスト・トレイン(石川秀美)
艶姿ナミダ娘(小泉今日子)
ZOKKON 命(シブがき隊)
禁区(中森明菜)
抱いてマイ・ラブ(早見優)
夕暮れ気分(堀ちえみ)
時に愛を(松本伊代)

【新人賞】
恋あなたしだい(岩井小百合)
ダンシング・レディ(大沢逸美)
よこはまチャチャチャ(小野さとる)
もしかして・ドリーム(桑江靖子)
【第26回レコード大賞】
1984年(昭和59年)
【大賞】
長良川艶歌(五木ひろし)

【最優秀歌唱賞】
浪花節だよ人生は(細川たかし)

【最優秀スター賞】
北ウイング(中森明菜)

【最優秀新人賞】
Dreaming Girl-恋、はじめまして(岡田有希子)

【金賞】
北の蛍(森進一)
唇のプライバシー(河合奈保子)
最愛(柏原芳恵)
ピンクのモーツァルト(松田聖子)
星屑のステージ(チェッカーズ)
もしかしてPART II(小林幸子・美樹克彦)
ワインレッドの心(安全地帯)

【新人賞】
前略、道の上より(一世風靡セピア)
SUMMER EYES(菊池桃子)
モニカ(吉川晃司)
バージンブルー(SALLY)

【アルバム大賞】
Triad(高橋真梨子)
【第27回レコード大賞】
1985年(昭和60年)
【大賞】
ミ・アモーレ(中森明菜)

【最優秀歌唱賞】
波止場しぐれ(石川さゆり)

【最優秀新人賞】
「C」(中山美穂)

【金賞】
男船(神野美伽)
そして…めぐり逢い(五木ひろし)
タッチ(岩崎良美)
デビュー(河合奈保子)
PASSION(早見優)
望郷じょんから(細川たかし)
悲しみにさよなら(安全地帯)
Romaticが止まらない(C-C-B)

【優秀歌唱賞】
し・の・び・愛(柏原芳恵)
かくれ宿(大月みやこ)

【新人賞】
Temptation(誘惑)(本田美奈子)
恋に落ちて-Fall in love(小林明子)
雨のハイスクール(吉本美代子)
さよならと言われて(松本典子)

【アルバム大賞】
9.5カラット(井上陽水)

【最優秀スター賞】
ジュリアに傷心(チェッカーズ)
【第28回レコード大賞】
1986年(昭和61年)
【大賞】【ベストアーティスト賞】
DESIRE-情熱-(中森明菜)

【最優秀歌唱賞】
北の漁場(北島三郎)

【最優秀新人賞】
仮面舞踏会(少年隊)

【金賞】
熱き心に(小林旭)
天城越え(石川さゆり)
ざため川(細川たかし)
Dance Beatは夜明けまで(荻野目洋子)
ツイてるねノッてるね(中山美穂)
時の流れに身をまかせ(テレサ・テン)
浪花盃(五木ひろし)
Baby Rose(近藤真彦)
My Revolution(渡辺美里)

【優秀歌唱賞】
女ともだち(柏原芳恵)
豊予海峡(大月みやこ)

【新人賞】
CHA-CHA-CHA(石井明美)
わたし、ドリーミング(西村知美)
夢飛行(真璃子)
乙女日和(水谷麻里)

【アルバム大賞】
SUPREME(松田聖子)
【第29回レコード大賞】
1987年(昭和62年)
【大賞】
愚か者(近藤真彦)

【最優秀歌唱賞】
女の駅(大月みやこ)

【最優秀新人賞】
キミはどんとくらい(立花理佐)

【金賞】
追憶(五木ひろし)
濡れた髪のLonely(池田聡)
MARIONETTE(マリオネット)(BOOWY)
無錫旅情(尾形大作)
夫婦善哉(石川さゆり)
六本木純情派(荻野目洋子)

【優秀歌唱賞】
冬の孔雀(柏原芳恵)
渡り鳥(三沢あけみ)
なみだの桟橋(松原のぶえ)

【新人賞】
ノ・レ・な・い(酒井法子)
あばれ太鼓(坂本冬美)
人見知り(畠田理恵)
I Don’t Know!(BaBe)

【アルバム大賞】
LICENSE(長渕剛)

【ベストアーティスト賞】
君だけに(少年隊)

【特別大衆賞】
命くれない(瀬川瑛子)
難破船(中森明菜)
【第30回レコード大賞】
1988年(昭和63年)
【大賞】
パラダイス銀河(光GENJI)

【最優秀歌唱賞】
人生いろいろ(島倉千代子)

【最優秀新人賞】
DAYBREAK(男闘呼組)

【金賞】
あぁ、グッと(近藤真彦)
祝い酒(坂本冬美)
ANGEL(氷室京介)
乾杯(長渕剛)
ストレンジャーtonight(荻野目洋子)
TATTO(中森明菜)
BEYOND THE TIME(TM NETWORK)
北緯五十度(細川たかし)
乱れ花(大月みやこ)
港の五番街(五木ひろし)
MUGO・ん…色っぽい(工藤静香)
You’re My Only Shinin’ Star(中山美穂)
You Were Mine(久保田利伸)

【新人賞】
ABコンプレックス(相川恵里)
雨酒場(香西かおり)
89番目の星座(仲村知夏)
JUST ONE MORE KISS TO SEARCH(BUCK-TICK)
王将一代 小春しぐれ(大和さくら)
【第31回レコード大賞】
1989年(昭和64・平成元年)
※ 1989年1月8日から平成時代ですが「おまけ」的にピックアップしました。

【大賞】
淋しい熱帯魚(Wink)

【最優秀歌唱賞】
風の盆恋歌(石川さゆり)

【最優秀新人賞】
ふりむけばヨコハマ(マルシア)

【金賞】
男の情話(坂本冬美)
北国へ(細川たかし)
TIME ZONE(男闘呼組)
太陽がいっぱい(光GENJI)
ユア・マイ・ラブ(荻野目洋子)
酔いどれて(桂銀淑)
リゾ・ラバ(BAKUFU-SLUMP)

【新人賞】
恋やどり(尾鷲義人)
夢だけ見てる(川越美和)
男同志(香田晋)
真剣(田村英里子)

【特別栄誉歌手賞】
川の流れのように(美空ひばり)※ 1989年6月24日没

【アルバムニューアーチスト賞】
BO&GUMBO( BO&GUMBOS)

1980年代以降、田原俊彦、松田聖子といったアイドルがどんどんデビューする時代になりました。同時に(アイドルにあんまり)ついていけなくなった時代でもあります。

まあ、社会人になったというのもありますが。

ここまでありがとうございました。

\ 元銀行支店長の定年後10万円副収入講座 /
【無料】オンライン面談(40分間)

定年後10万円副収入講座

元銀行支店長の定年後10万円副収入講座バナー画像
定年後10万円副収入講座
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

60歳還暦過ぎの中高年。約30年勤務した地方銀行を定年退職後にコンサルタント・ネットビジネスで起業しました。定年後に毎月10万円の副収入を手にするための講座を主宰しています。⇒ >元銀行支店長の定年後10万円副収入講座

目次