ぼくがはじめて・・・【小さなスナック】パープル・シャドウズ。イメージは・・・昼間は喫茶店、夜はスナックもやっているようなお店かな?

小さなスナックイメージ画像

[br num=”1″]

ガイド案内

ぼくがはじめて、きみをみたのは・・・

主人公は、たぶんに若者なんだろうと思えるシチュエーションです。

歌詞の中には時系列的に、初めて会った、⇒ 次に会った、⇒ そして・・・といった場面展開があります。
ちょっとしたきっかけで出会い、だんだんと意識するようになっていく若者です。

会いたくてその小さなスナックに通い詰めるという雰囲気。
恋愛対象となった相手の女性は、色白で、細身・スレンダーな女性みたいです。

せっかく恋して通い詰めたのに・・・最後は相手女性がいなくなってしまう、というストーリーです。

[br num=”1″]

スポンサードリンク



目次

カラオケで唄いたい昭和の歌、昭和43年(1968年)の歌

小さなスナック 【パープル・シャドウズ】こんな歌でした。唄ってみる?

昭和43年(1968年)結成当時は、すでにグループサウンズブームは一段落していたと思います。

ぼくがはじめて、きみをみたのは
しろいとびらの、ちいさなスナック・・・

【出典:パープル・シャドウズ 小さなスナック】

[br num=”1″]

もし動画が削除されていた時は申し訳ございません。
どうぞご了承ください。
(その時は直接YouTubeで、歌手名か曲名で検索してみてください)

[br num=”2″]

パープル・シャドウズ

もともとは四人組ですね。

今井久 昭和22年(1947年)生まれ。
その他、綿引則史、川合良和、大場吉雄。

その後はメンバーの入脱退加入が繰り返されています。

【出典:Wikipedia】

この歌を選んだ人は、この歌も好きそうです(独断と偏見で)

[blogcard url=”https://www.2020tokio.jp/”]

今しばらくお待ちください。

昭和の一コマ

昭和43年は1968年です。

この年の最大のニュースは、アポロ7号(10月)が有人宇宙飛行に成功したことではないでしょうか。
同年12月にはアポロ8号も月を周回しています。

[br num=”2″]
スポンサードリンク



この記事を書いた人

60歳還暦過ぎの中高年。31年勤務した地方銀行を定年退職後にネット通販で起業しました。昭和の歌以外は歌えない中高年のブログです。姉妹サイトでは最短コースでのアフィリエイトや副業についての情報を発信しています。【苦労なし】の口コミアフィリエイトを主宰中。

目次
閉じる