バスをまつあいだに・・・【バスストップ】平浩二。これを唄うと(私は)自分が気持ちよくなれる歌です!

バスストップイメージ画像
[br num=”1″]

ガイド案内

ばすをまつあいだに、なみだを・・・

オールシーズンOKです。
自分はどうしても夏の夕暮れ時、海岸通りのパスストップをイメージしてしまいます。

勝手に夏の、寂しい夕暮れ時の場面かな、なんて思ってしまいます。

実際のシチュエーションは都会の街角だと思います。
部屋の鍵について重さを感じる歌詞があります。

バスストップでの男と女の別れ・・・バスストップで相手の男性を見送ったのか、別れたのか・・・
たぶん自分一人が(自分の部屋へと)帰ることになるのでしょう。
[br num=”1″]
スポンサードリンク




[br num=”1″]

目次

カラオケで唄いたい昭和の歌、昭和47年(1972年)の歌

バスストップ【平浩二】こんな歌でした。唄ってみる?

ばすをまつあいだに、なみだをふくわ
しってるだれかにみられたら・・・

【出典:平浩二 バスストップ】

[br num=”1″]

[br num=”1″]

もし動画が削除されていた時は申し訳ございません。
どうぞご了承ください。
(その時は直接YouTubeで、歌手名か曲名で検索してみてください)

一発ヒットすると、息が長いですね。
いかに著作権料というのが『美味しい』ものなのか、ということかも知れません

平浩二

長崎県出身の大物歌手が多いのは何となくイメージできていましたけど・・・
さだまさし、や福山雅治もそうですね。

平浩二は、長崎県出身、昭和24年(1949年)生まれ。
なんとなんと、(クールファイブ)前川清と(小学校・中学校の)同級生らしいです。

【出典:Wikipedia】

同じ小中学生から大物?歌手が二人も誕生したことになります。凄いことです。

この歌を選んだ人は、この歌も好きそうです(独断と偏見で)

[blogcard url=”https://www.2020tokio.jp/sasayakana/”]

昭和の一コマ

昭和47年は・・・

札幌オリンピックがありました。
(暗いニュースだと連合赤軍による浅間山荘事件です。日本中が固唾をのんで釘づけでした)

スポーツだと外国人初、高見山の優勝がありました。

[br num=”1″]

スポンサードリンク




この記事を書いた人

60歳還暦過ぎの中高年。31年勤務した地方銀行を定年退職後にネット通販で起業しました。昭和の歌以外は歌えない中高年のブログです。姉妹サイトでは最短コースでのアフィリエイトや副業についての情報を発信しています。【苦労なし】の口コミアフィリエイトを主宰中。

目次
閉じる