まちのどこかに・・・【真夜中のギター】島谷ひとみ。千賀かほるの曲をカバーしたもの。また、違う印象があります!

真夜中のギターイメージ画像
[br num=”1″]

ガイド案内

まちのどこかに、さみしがやがひとり・・・

今回、島谷ひとみのカバーでご案内していますが・・・
(以下)歌についてのコメントは、千賀かほるについてのコメントです。
お間違えのないように。

幼少期は(年上の)お姉さんに憧れるものでもあります。
(もちろん人それぞれですけど)

私はいちばん最初にこの歌を聴いた時に、ビビッときたものでした。

それから・・・むしょうにギター欲しくなったのを覚えています。
もっともその夢(ギターを手にいれる)というのは、高校生になってからのことでしたけど。

不思議とフォークギターにいかずに、クラシックギターにいったのはこの小さい頃の出会い
(真夜中のギターのイメージ)があったからだと思います。

フォークギターは(流行っては、いたのですけど)、スチールの線が、どうも手を切りそうなイメージあったのだと思います。
それでクラシックギターを買ってしまいました。

逆に、そのおかげて『禁じられた遊び』とか『アルハンブラ(宮殿)の想い出』といった方向にいけたのは
結果として(今となっては)良かったのかも知れません。
[br num=”1″]

スポンサードリンク



目次

カラオケで唄いたい昭和の歌、昭和44年(1969年)の歌

真夜中のギター 【千賀かほる】こんな歌でした。唄ってみる?

実は・・・昭和44年(1969年)の日本レコード大賞の新人賞受賞曲です。

まあ、確かに流行ったと思います。

私は、小さい頃、母の実家に里帰りの度に、当時独身の叔母から聴かされたことから
身近に感じたのだと思います。

まちのどこかに、さみしがりやがひとり
いまにもなきそうに、ギターをひいている・・・

【出典:千賀かほる 真夜中のギター】

[br num=”1″]

もし動画が削除されていた時は申し訳ございません。
どうぞご了承ください。
(その時は直接YouTubeで、歌手名か曲名で検索してみてください)

[br num=”2″]
残念ながら、私はこの一曲しか知りません。
もちろん他にも曲を出しているようでけど・・・

千賀かほる

なんと、実は・・・鹿児島県の出身だったのですね。
急に、同郷ということでまたまた親近感を感じた次第です。

鹿児島県大島郡出身、だそうです。
昭和23年(1948年)生まれ。

【出典:Wikipedia】

島谷ひとみ

彼女のカバー曲だと、『 亜麻色の髪の乙女 』の方が有名かも知れません。

広島県呉市出身。
昭和55年(1980年)生まれ。

【出典:Wikipedia】

この歌を選んだ人は、この歌も好きそうです(独断と偏見で)

[blogcard url=”https://www.2020tokio.jp/aiwapocketnonakani/”]

なぜなら・・・私が好きだから(ツゥキだからぁ)です。
あくまでも個人の感想です。

昭和の一コマ

昭和44年は1969年です。60年代の最後です。

何と言っても・・・8時だョ!全員集合がスタートしたのが、この年です。

[br num=”2″]
スポンサードリンク



この記事を書いた人

60歳還暦過ぎの中高年。31年勤務した地方銀行を定年退職後にネット通販で起業しました。昭和の歌以外は歌えない中高年のブログです。姉妹サイトでは最短コースでのアフィリエイトや副業についての情報を発信しています。【苦労なし】の口コミアフィリエイトを主宰中。

目次
閉じる