ふるえているのは・・・【サヨナラ模様】伊藤敏博。たぶん、サビの部分なら聞いたことがありませんか?

さよならイメージ画像
[br num=”1″]

ガイド案内

ふるえているのは、さむいからじゃないの・・・

最初の部分だと『聴いたことがない』と思うかも知れません。
でも、サビを聴いたらきっと・・・

[br num=”1″]

たぶん、サビの部分の方が耳に馴染みがあると思います。

[br num=”2″]

スポンサードリンク




[br num=”1″]

目次

カラオケで唄いたい昭和の歌、昭和56年(1981年)の歌

サヨナラ模様【伊藤敏博】こんな歌でした。唄ってみる?

サヨナラ模様は昭和56年のヤマハのポピュラーソングコンテストでグランプリ獲得。
70万枚のヒットとなったそうです。

ふるえているのは、さむいからじゃないの、わかって
あなたから、ふいてくるつめたいかぜのせいなの

・・・

(サビ)
だから、ねえ・ねえ・ねえ・ねえ、・・・いつもの

【出典:伊藤敏博 サヨナラ模様】

[br num=”1″]

もし、動画が削除されていた時は申し訳ございません。
どうぞご了承ください。
(その時は直接YouTubeで、歌手名か曲名で検索してみてください)

伊藤敏博

伊藤敏博・・・国鉄に勤務している時、富山車掌区の車掌として勤務している時につくった歌らしいです。
昭和31年(1956年)生まれ。(新潟県)

【出典:Wikipedia】

国鉄、今のJRに勤務している時につくった曲なんですね。

この歌を選んだ人は、この歌も好きそうです(独断と偏見で)

私が個人的に好きだから・・・
[blogcard url=”https://www.2020tokio.jp/sasayakana/”]

昭和の一コマ

昭和56年は・・・
ピンクレディー解散。

ロッテが雪見だいふくを発売したのもこの年です。

プロ野球では、あの宇野選手がヘッディングした年です。(笑)
大相撲では横綱輪島の引退がありました。

[br num=”1″]

スポンサードリンク



この記事を書いた人

60歳還暦過ぎの中高年。31年勤務した地方銀行を定年退職後にネット通販で起業しました。昭和の歌以外は歌えない中高年のブログです。姉妹サイトでは最短コースでのアフィリエイトや副業についての情報を発信しています。【苦労なし】の口コミアフィリエイトを主宰中。

目次
閉じる