ただ、一度だけのたわむれだと・・・【ハイ・ファイ・セット】フィーリング。透きとおりすぎるくらいの高音、大好きでした。

フィーリングイメージ画像
[br num=”1″]

ガイド案内

ただ、いちどだけの、たわむれだと・・・

[br num=”2″]

【CM】
⇒ ブログアフィリエイトのように毎日毎日、3000文字~5000文字~
といった記事を書き続ける必要もないお手軽・簡単・即効性の副業モデルです。

[br num=”2″]

スポンサードリンク



目次

カラオケで唄いたい昭和の歌、昭和52年(1977年)の歌

ただ、いちどだけの、たわむれだと、しっていたわ
もう、あえないこと、しってたけど、ゆるしたのよ

・・・

(サビ)
フィーリング、Oh-、フィーリング・・・なかないわ

【出典:ハイ・ファイ・セット フィーリング】

フィーリング、ハイ・ファイ・セット

もちろん、透きとおるボーカルは山本潤子さんですね。

この年、第28回の紅白歌合戦に出場を果たしています。

もともとはブラジルのシンガーソングライターの曲に歌詞をつけたカバー曲です。
好きでしたね。いえ、大好きでした。ほんといい曲です。

赤い鳥は昭和49年(1974年)9月に解散。
⇒ 山本潤子、山本俊彦、大川茂の3人で同年10月に結成されたのがハイ・ファイ・セット

平成6年(1994年)に解散。

【出典:Wikipedia】

山本潤子(旧姓・新居)さんと山本俊彦さんは夫婦でした。
(残念なことに山本俊彦さんは67歳の時に心不全で逝去されました)

こんな唄でした。歌ってみる?

⇒ https://youtu.be/gf6paF1fx2E
[br num=”1″]
もし動画が削除されていた時は申し訳ございません。
どうぞご了承ください。
⇒ https://youtu.be/NFW6xU2aAFo
⇒ https://youtu.be/Ogi1HeKtjX8
(その時は直接YouTubeで、歌手名か曲名で検索してみてください)
[br num=”1″]

[br num=”1″]
他にもハイ・ファイ・セットでこんな曲もありました。

⇒ スカイレストラン
⇒ 海を見ていた午後
⇒ 雨のステイション

この歌を選んだ人は、この歌も好きそうです(独断と偏見で)

私が個人的に好きだから・・・
[blogcard url=”https://www.2020tokio.jp/”]

昭和の一コマ、あなたはどこで何していましたか?

昭和52年(1977年)は・・・

[br num=”1″]
昭和25-29年  昭和30年  昭和31年  昭和32年  昭和33年  昭和34年  昭和35年  昭和36年  昭和37年  昭和38年  昭和39年  昭和40年  昭和41年  昭和42年  昭和43年  昭和44年  昭和45年  昭和46年  昭和47年  昭和48年  昭和49年  昭和50年  昭和51年  昭和52年  昭和53年  昭和54年  昭和55年  昭和56年  昭和57年  昭和58年  昭和59年  昭和60年  昭和61年  昭和62年  昭和63年  昭和64年・平成元~

[br num=”1″]

スポンサードリンク



この記事を書いた人

60歳還暦過ぎの中高年。31年勤務した地方銀行を定年退職後にネット通販で起業しました。昭和の歌以外は歌えない中高年のブログです。姉妹サイトでは最短コースでのアフィリエイトや副業についての情報を発信しています。【苦労なし】の口コミアフィリエイトを主宰中。

目次
閉じる