今、私の願いごとが・・・【赤い鳥】翼をください。合唱曲として有名です。実は、竹田の子守歌のB面として発表したものです。

翼をくださいイメージ画像
[br num=”1″]

ガイド案内

いまわたしの、ねがいごとがかなうならば・・・

赤い鳥・・・後藤悦治郎・平山泰代(のちに二人は結婚)+山本俊彦・山本潤子(旧姓・新居)・大川茂の5人組。

その後、分裂する形で解散。

⇒ 紙風船=後藤悦治郎と平山泰代のデュオ・・・(代表曲:冬が来る前に)
⇒ ハイ・ファイ・セット=山本俊彦・山本潤子・大川茂の3人組
・・・(代表曲:フィーリング

【出典:Wikipedia】

[br num=”1″]

【CM】
⇒ 定年退職したら楽で身体的にも・精神的にも負荷のない副業がいいですね。
記事もかかない、面倒な梱包・発送作業もない、そんな日本初の副業モデル。

[br num=”2″]

スポンサードリンク



目次

カラオケで唄いたい昭和の歌、昭和46年(1971年)の歌

いま、わたしのねがいごとが、かなうならば
つばさがほしい

・・・

(サビ)
このおおぞらに、つばさをひろげ、とんでゆきたいよ・・・

【出典:翼をください 赤い鳥】

翼をください、赤い鳥

赤い鳥が(方針・方向の違いから) ⇒ ハイ・ファイ・セット(代表曲・フィーリング)と紙ふうせん(代表曲・冬が来る前に)に分裂したのは私たちにとっては良かったのでしょうね。

それぞれビッグヒットを飛ばして活躍したことはほんと素晴らしいことですね。

最初、後藤悦治郎と後藤泰代の二人のデュオからスタート。

その後、山本俊彦と山本潤子(旧姓・新居)、大川茂が合流して5人編成で赤い鳥が結成された。

最終的に(活動後期は)、大村・村上・渡辺が参加。
残念なことに赤い鳥は、昭和49年・1974年に解散。

後藤夫妻は、『紙ふうせん』
山本夫妻と大川は、『ハイ・ファイ・セット』
渡辺は、『ハミングバード』を結成することになる。

【出典:Wikipedia】

それにしても(個人的な感想ですが)、山本潤子さんの声はいいですね。

こんな唄でした。歌ってみる?

⇒ https://youtu.be/pWgsjRfKHnQ
[br num=”1″]
もし動画が削除されていた時は申し訳ございません。
どうぞご了承ください。
(その時は直接YouTubeで、歌手名か曲名で検索してみてください)
[br num=”1″]

こっちのバージョンもあります。
⇒ 翼をください
[br num=”1″]
面白い逸話もありました。

昭和44年(1969年)に、ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテストに出場した赤い鳥はグランプリを獲得。

その時に参加していたのが・・・オフコースとチューリップ。

財津和夫は、オフコースを聴いて「負けた」と思い、
オフコースの小田和正は、赤い鳥を聴いて「負けた」と思ったらしいです。

【出典:Wikipedia】

この歌を選んだ人は、この歌も好きそうです(独断と偏見で)

私が個人的に好きだから・・・
[blogcard url=”https://www.2020tokio.jp/”]

昭和の一コマ、あなたはどこで何していましたか?

昭和46年(1971年)は・・・

[br num=”1″]
昭和25-29年  昭和30年  昭和31年  昭和32年  昭和33年  昭和34年  昭和35年  昭和36年  昭和37年  昭和38年  昭和39年  昭和40年  昭和41年  昭和42年  昭和43年  昭和44年  昭和45年  昭和46年  昭和47年  昭和48年  昭和49年  昭和50年  昭和51年  昭和52年  昭和53年  昭和54年  昭和55年  昭和56年  昭和57年  昭和58年  昭和59年  昭和60年  昭和61年  昭和62年  昭和63年  昭和64年・平成元~

[br num=”1″]

スポンサードリンク



この記事を書いた人

60歳還暦過ぎの中高年。31年勤務した地方銀行を定年退職後にネット通販で起業しました。昭和の歌以外は歌えない中高年のブログです。姉妹サイトでは最短コースでのアフィリエイトや副業についての情報を発信しています。【苦労なし】の口コミアフィリエイトを主宰中。

目次
閉じる